仕事でも英会話の需要が高くなっている

現在ビジネスや企業のグローバル化が急速に進み、仕事でも英会話が必須の時代になってきています。実際ビジネスの現場でも海外出張や海外赴任などそう珍しいことではなくなってきており、それに伴って英会話スクールなどの需要も日増しに高まってきています。

英会話スクールへの通学と自宅学習の違い

最大の違いは時間の使い方

自宅学習では自分の空いた時間や好きな時に好きなだけ学習できますので時間の融通が効きます。英会話スクールへの通学は原則一定の時間、曜日に通学しなければならず、そう簡単に振替やキャンセルもできないため時間の自由が効きません。

自分主導か講師主導か

自宅学習は自分に主導権があり、基本的に自分でペースを考え、自分で学習します。教材の使い方も自分次第です。しかし、英会話スクールでは講師が授業の組立などを考え、講師のペースで授業が進んでいきます。

英会話学習は継続することが大切

自宅学習にしても英会話スクールにしても英会話は続けることが重要です。そのため、すきま時間や通勤時間などに自由に勉強したいなら前者、逆に意志が弱く、決まった時間に強制的に行かなければならない状況の方が継続できるというなら後者を選べばよいでしょう。

英会話スクールに通って継続的な学習を目指そう

先生

英会話学習を続けるためには目的を持とう

いくら評判の英会話スクールに行ったとしてもただあてもなく勉強するだけならなかなか学習を続けることが難しくなります。やはりしっかりした学習目的は必要でしょう。例えば、定年後の海外移住や海外旅行のために日常会話をマスターしたいとか、仕事でどうしても英会話が必要になってきたとか、就職のためにTOEICを受験したいなどしっかりした目標があれば続けることが容易ですし、学習後も継続して実戦で使うことになり、実際に役立つことでしょう。

スピーカー

上達するコツは自分に合ったレッスンスタイルを選ぶこと

英会話スクールで上達するコツは自分に合ったレッスンスタイルを選ぶことにあります。特に良く言われるのは、グループレッスンがよいかマンツーマンレッスンがよいかということです。やはり、グループレッスンよりマンツーマンレッスンの方が会話する時間が長いため一般的には短期間で上達すると言われていますが、人によってはグループレッスンでは学習仲間ができるためこちらの方が続きやすいという方もいらっしゃいます。

英会話ができるようになって良かったことベスト3

ABC
no.1

ビジネスに生かすことができた

やはり英会話スクールに通うようになって具体的に仕事に結びつくのが最もよい結果のひとつと言えます。場合によっては、そのことで出世や昇進に結びついた、自分の希望の部署に配属されたなど願ったりかなったりの例もあります。

no.2

アルバイトや副業に結びついた

英会話スクールに通うようになってから意外と施設案内のアルバイトにありつけたり、インターネットで翻訳の副業をすることができたりしたといった自分のさらなる可能性が広がったというのも良い結果のひとつですね。場合によってはこれがきっかけで転職したとか独立したとかいう場合もありえます。

no.3

外国人への苦手意識がなくなった

英会話スクールに通うようになり、英語が話せるようになってから、旅行に行っても積極的に現地の人と会話するようになったとか、日本で外国人に道を聞かれても普通に会話できるようになったなどますます積極的に会話の機会を作るようになりより英会話が上達したなど良く聞かれることです。

スピードラーニングで英語学習の基礎を養おう!

広告募集中